管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット

メタボリックの由来

多くの国民がメタボリックシンドロームからさらに重い病気になれば、治療費も相当かかることになります。最近、日本では特定健診制度がスタートし、国をあげてメタボリックシンドロームを予防する対策が強化されました。国は特定健診で、メタボリックシンドローム及びその予備軍の人口を、平成25年度には平成20年の10%減、平成30年後には平成20年の25%減にまで削減する目標を立てています。

社会保険庁が調査したところ、健康な人と比較して、高血圧、肥満、高血糖、高コレステロールのいずれかが正常でない人は、10年後の医療費が3倍以上になるそうです。現在日本では、年間30兆円超の医療費が使われており、社会の高齢化が進むにつれて今後医療費は増え続けると試算されています。そこで、特定健診制度で専門家の指導で運動や食事療法をとってもらい効率よく生活習慣を改善し、生活習慣病を予防しようとしています。

症状がメタボリックシンドロームの段階でとどまれば、国も家庭も医療費が抑えられるメリットがあります。つまり、肥満や運動不足、タバコを原因とする生活習慣病を改善しないと、医療費の増加に歯止めが掛からないのです。増える一方の医療費の内訳を見てみると、その約30%が生活習慣病がらみで、特に糖尿病にかかる治療費が最多となっています。

実は、その背景には増えつつある医療費の問題があるのです。よって、メタボリックシンドロームの患者数が減れば、当然医療費も削減できるようになります。この特定健診は、医療保険者の責任で実施することが義務化されています。



総合リンク集 Link Station


経営


インターネットサイト集 CRANE


SEO対策 KEN SEO 勉強会


SEO対策 KenNavi


お役立ちサイト集
【メタボッリクシンドロームとは?の最新記事】
posted by メタボリック at 21:32 | メタボッリクシンドロームとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。