管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット

メタボに効く運動

エネルギー源を体内脂肪に切りかえることで、効率良く脂肪を燃焼できる
有酸素運動。

その主な運動例としてもっともポピュラーなのが、ウオーキングだ。
そして、この日常生活の中で誰もが行なう運動をエクササイズ化させるためには
有酸素摂取量を上げ運動強度を高めるということがポイントとなる。


具体的には人間は体内に酸素在取リ人れる能力があるが、安静時から
最大時までの酸素摂取量の範囲の内、約40%以上の酸素を摂取できる強度で運動する
ことが、有酸素運動というようにカテゴライズされる。

筋トレも効果的なので紹介する。
レポート↓
ゆっくり歩いたり、イスに座って呼吸をしているだけでも基礎代謝に
より脂肪は燃焼されるが、有酸素運動にはならない。
では、有酸素運動とするためには、どのようにに運動強度をアップさせれば良いのか。
ハートレートモーターの使用や心拍数を計測して強度を上げる方法がある。


ウオーキングはメジャーであるが、かなりゆっくりになるためそれほどすぐには
痩せることにはならないだろう。
ウオーキングを少し早くして歩けば、まだ消費カロリーがたかくなり、痩せる可能性も
ある。


全ては消費カロリーにかかってくる。
歩くだけではダメなので、モモを上げて歩くとか、腕を大きくふって歩くなどして
全体的に消費カロリーを使うようにするのがベストだ。

以上
【メタボリックの予防、対策、改善の最新記事】
posted by メタボリック at 06:00 | メタボリックの予防、対策、改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする