管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット

メタボとホメオタシスの原理

メタボの解消を続けていると、最初は落ちていた体脂肪が落ちなくなる時期が来る。
「自分は痩せづらいい体質なのでは?」という不安が涌いてくるかもしれない。


だが、ちょっと待って欲しい。
体脂肪が落ちなくなるのは身体にホメオスタシス(恒常性維持)といった

性質があるからなのだ。


ホメオスタシスとは、生物が持っている環境が変化しても身体の内部状況をー定に
保とうとする性質。のこと。簡単に説明すると、摂取カロリーよりも消費カロリーが
多い状況が続くと身体は危険を感じ基礎代謝を落とし消費カロリーを減らすのだ。
これで消費カロリーと?取カロリーが均衡するので、身体の状況は定に保たれる。
1日や2日ドカ食いをしても、体重が極端に増えないのもこのホメオスタシスの影響だ。


もっとも、体脂肪は定期間が過ぎて身体が慣れるか、メタボ解消エクササイズで
別の変化が起きると再ひ落ち始める、そのため、体脂肪が落ちない停滞期を迎又ても
続けていれば確実に体脂肪は落ちるようになるのだ。


体脂肪が落ちない時期が来ても諦めてはいけないのである。
posted by メタボリック at 07:00 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。