管理栄養士の妻が教えてくれた 超簡単で お金もかけず 時間もかけず 普段の生活でできる ダイエット

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは日本の中年男性の半分

近くがこの「症候群」またはその予備群に該当するといわれていて、疾

患として扱うのが妥当であるかどうかは議論になっている。
続きを読む
タグ:メタボ
posted by メタボリック at 05:24 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックについて

脂肪細胞からは糖尿病の原因となるホルモン、高血圧症に関与するホルモン、血栓形成に関与するホルモン等が分泌されている。内臓脂肪細胞の増加でホルモンが過剰に分泌して、耐糖能異常、高血圧、高脂血症などを引き起こし、それらが複合的に作用して動脈硬化の原因となると考えられている。

最近、今後の生活習慣病対策の方向性として、「メタボリックシンドローム」の概念を導入し、その概念の普及・定着、及びその概念に基づく健診や保健指導プログラムを導入することが検討されている。また、たとえ一つ一つの要因における異常値がそれほど大きくなくとも、複数の要因が複合的に作用すると動脈硬化発症のリスク割合は増加する。

「メタボリックシンドローム」とは、「肥満」、「高血糖(糖尿病)」、「高血圧」、「高脂血症」などの動脈硬化因子が一個人に重複して存在している状態を指す。一例を挙げると、日本の企業の労働者を対象とした調査において、肥満、高血糖、高血圧、高脂血症などの動脈硬化要因のうち2つのリスクを複合的に有している人は、リスク因子を保有していない人と比較して、リスクの重度/軽度に関わらず約10倍、3〜4つのリスクを複合的に有している人は約31倍の虚血性心疾患の発症リスクがあることが明らかとなっている 。

特に、内臓脂肪型の肥満では皮下脂肪型の肥満に比べ、数倍のホルモンが分泌されているといわれている。過栄養や運動不足などにより内臓脂肪が蓄積され、その結果、脂肪細胞の機能異常を引き起こす。

posted by メタボリック at 16:22 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックを考える

腹部の内臓に多くの脂肪がついた状態にある人は、生活習慣病になりやすい体質になっていると言われています。内臓型肥満によって内臓の周りに脂肪がつきすぎ、高血圧や高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすい状態がメタボリック症候群です。この頃は、メタボリック症候群という元々の言葉よりメタボという略称の方が多くの人の知るところにあるようです。生活習慣病にならないためにも、メタボリック症候群の兆候が見えたら早めに予防し、適度な運動や健康にいい食習慣を作れるように取り組みましょう。

認知度の高いメタボリック症候群ですが、一体何なのかと聞かれると正確に答えられる人は少ないかもしれません。メタボリック症候群の予防効果があるというものは何でしょう。以前はマイナーな言葉でしたが、メタボリック症候群という言葉の知名度は一気に広まった感があります。

人によっては、下腹部がふくらんでいたり肥満体型に見える人は皆メタボだと考えているようです。この頃では、生活習慣病予防にメタボリック症候群という言葉が知られつつあります。けれど、その解釈は必ずしも正しいものではありません。

メタボリック症候群を短く呼ぶ時に、メタボという言い方をします。メタボリック症候群の予防には、適度な運動や生活習慣の見直し、バランスの取れた食生活などが大事です。メタボリック症候群を予防する 。

posted by メタボリック at 19:20 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックとサーデンペプチド ドリンク

日清製粉グループの日清ファルマは、血圧が高めの人に適した特定保健

用食品「サーデンペプチド ドリンク」を、7月10日から通信販売ルート

で発売する。続きを読む
posted by メタボリック at 15:36 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック対策、高津区でスタート

最近では、メタボリックシンドロームの診断基準が

示されるなど、内臓脂肪型肥満に着目した保健指導の重要性が明らかに

なってきた。これを受け今後は、内臓脂肪型肥満の要因となっている生

活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の有病者や予備群を

減少させることが主旨となる。続きを読む
posted by メタボリック at 15:34 | メタボリックシンドローム記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする